2009年08月02日

幼児の便秘によくある症状

幼児の便秘によくある症状とは、何でしょうか。幼児は赤ちゃんは
自分で苦しくても、なかなかわからないと言う事が多いので気付かな
い場合もあります。

やはり、親が何日便が出ていないかなどを注意してあげないといけません。よく聞く症状は、便を何度か我慢しているため、硬くなってしまい肛門付近が赤くなっていることがあります。

そして、便をする時に、血が出る事もあります。本当に、痛くてかわ
いそうですよね。でも、我慢してしまうとよけいに便秘の症状がひど
くなってしまうので、そうなる前に対策をとってあげましょう。

幼児が便を2、3日してないなと思ったら、まずお腹にマッサージをしてあげましょう。そして、食事に食物繊維の豊富なものをプラスして水分を良く与えましょう。それでも、まだ便が出そうになかったら、マルツエキスやオリゴ糖などを試してみましょう。ひどくなる前に、体に優しい便秘解消のための食べ物をあげ、便秘になりにくい体にしてあげましょう。

しかし、便秘にならないと言う子もいれば便秘がちな子もいます。
それは、生まれ持った体質や体型などもあるのでしょうがないですよ
ね。一日に3回も便が出ると言う子もいますが、やはりご飯をよく食べ
る子供は便秘になりにくいのでしょう。
posted by 幼児の便秘解消くん at 13:58| 幼児の便秘の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。